GEEK JOBは働きながら通える?

ここでは、働いている社会人でもGEEK JOBに通うことができるのかについて、通える理由やその条件に付いて解説しています。

この記事を読めば、働きながらGEEK JOBに通える理由、通えるための条件が把握できます。

プログラミングの学習はしたいけど、日中は社会人として仕事をしている身なので、勉強が可能なのか悩んでいる人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

GEEK JOBは働きながら通える?

結論から言いますと、働きながらでもGEEK JOBは利用可能です。正社員として企業に就いている人に限らず、アルバイトの人でも利用可能です。

働きながらプログラミングスクールにも通って学習するという生活は、一見して大変なことのように思えます。しかし、この生活でもいくつかのメリットが考えられます。

まず、プログラミングスクールへの通学・学習が自動的に日々の日課になりますので、生活にメリハリがつきます。独学の場合だと、まずプログラミングの勉強を日課にするために自分で意識を徹底する必要があります。これは簡単なことではありません。

また、当然のことですがプログラミングの勉強時間は有限です。プログラミングスクールで定められた学習期間のなかでマスターしなければなりませんので、良いプレッシャーになるというメリットも挙げられます。独学の場合だと、どうしても目標への意識が徹底できず、ダラダラと学習してしまいがちです。

1日の勉強時間、プログラミングスクールで勉強できる時間が限られているからこそ、その範囲内でなんとかプログラミングスキルをマスターしようと行動できることが、最大のメリットといえます。

一方で、教室に通うことがそもそも困難という人もいます。例えば、地方に住んでいる人たちです。教室を開いているプログラミングスクールのほとんどが、東京都心や大阪の難波といった、都市部にしか教室を確保していません。地方在住者が仕事終わりにプログラミングスクールに通おうとしても、それだけで時間と費用がかかってしまい、現実的ではありません。

GEEK JOBも、以前までは東京にある教室に通学という学習スタイルをとっていました。しかし、昨今の新型コロナウイルスの騒動を機に、学習サポートや就職支援がオンラインで実施されるようになりました。

地方在住者であってもインターネットにつながる環境を整えさえすれば、自宅からでも利用可能なのです。具体的には、チャットやビデオ通話などを通して、講師とリモートでやりとりをするイメージです。

働きながらGEEK JOBに通う条件

働きながらGEEK JOBを利用するには、いくつかの条件が存在します。

まず、1つ目は週30時間の学習時間を確保することです。一日4時間あまりといったところですね。しかし、平日に4時間の勉強は少々現実的ではないので、土曜日や日曜日に集中的に時間をとれば、学習時間の確保は可能でしょう。

2つ目は、エンジニアとして就職、転職を目指していること、3つ目は正社員である場合に退職日が決まっていることです。

GEEK JOBは、エンジニアとして就職、転職することを最終目標にしたプログラミングスクールです。プログラミングのスキルだけ取得して職は今のままという利用の仕方はできません。したがって、今の職で働きながら学習することは可能でも、GEEK JOBを卒業するまでには退職しないといけません。

また、東京にある教室に通えることも条件として挙げられます。しかし、これについては先ほども言ったように、新型コロナウイルスの騒動がきっかけでオンラインによる実施に切り替わっていることから、現在は必要条件ではなくなりました。コロナ騒動が収束した後もオンラインで実施するかどうかは現時点では不明であることには注意してください。

GEEK JOBが働きながらでも学習できる3つの理由

ここからは、GEEK JOBを利用することで働きながらでも学習できる理由を、3つ紹介します。

オンライン学習ができる

1つ目は、オンライン学習が可能であるということです。

オンライン学習であれば、自宅でも利用可能なので通学するよりも時間や費用を抑えられます。

また、オンライン学習一筋ということにこだわらず、平日はオンライン学習、休日は教室に通学するといった学習スタイルもできるため、平日自宅で勉強して分からなかったところを、休日教室に通って講師に直接教えを乞うといった勉強の仕方が可能です。

オンライン学習、教室学習それぞれにメリットはありますので、それらを上手に活用できるとよいですね。

サポートが手厚い

2つ目は、サポートの手厚さです。

GEEK JOB最大の特徴として、受講費用がタダであることが挙げられます。一切お金を取りません。

受講費用がタダなのに本当にサポートが充実していると言えるのか、はなはだ疑問を持つ人も多いことでしょう。しかし、これにはGEEK JOBの収益の仕組みに理由が存在します。

GEEK JOBは先ほども言ったように、エンジニアとして就職、転職することを前提としたプログラミングスクールです。そして、GEEK JOBは転職エージェントとしての側面を持っております。つまり、企業に対して人材を紹介するという役割もおっているのです。

この場合、紹介する人材というのはプログラミングを勉強している受講生ということになります。この受講生を紹介し見事、転職成功したあかつきには、転職先の企業から報酬を受け取ることになります。この報酬でもって、プログラミングスクールとしてのGEEK JOBは運営できているのです。これなら、受講者から別でお金を取ることもありません。

肝心のサポートについても、プログラミング未経験の人や社会人が多数利用していることから、初心者でも分かりやすく理解するためのカリキュラムが組まれており、さらに働きながらでも理解できるための効率的な学習方法といったノウハウも蓄えているのです。

学習時間がカスタマイズできる

3つ目は、学習時間を柔軟にカスタマイズできることです。

従来のプログラミングスクールは、全受講者に対し統一的な学習時間を設けているところがほとんどでした。しかし、仕事上の都合やプライベートの都合といった理由で、受講者ごとに確保できる学習時間や時間帯は異なります。このような受講者一人ひとりの状況に合わせてくれるのが、GEEK JOBの良いところです。

学習時間の計画は、事前にメンターと相談して決めることになります。受講者自身の勉強可能な曜日や時間帯などをヒアリングしたうえで、より最適な学習時間を計画してくれます。

また、講師に質問できる時間は夜21時までですので、その時間帯まででしたら学習時間として確保可能です。

働きながらだと挫折しない?

現在、GEEK JOBの利用を検討しているあなたの最大の懸念点といえば、挫折をしないかどうかではないでしょうか。結論から言いますと、挫折する人は少ないです。

まず、プログラミングスクール側からすれば、受講者に就職してもらわないと報酬が発生しませんので、なんとか受講者に就職させてもらおうと手厚いサポートを実施してくれます。

また、多くのプログラミング未経験者が利用していた実績もあることから、プログラミング初心者でも分かりやすく理解できるような、洗練されたカリキュラムがありますので、難しいから挫折するということはそうそう起きないことでしょう。

しかし、まったく挫折しないというわけではありません。これは、受講しようとする人自身の問題になってきます。例えば、まったくプログラミングに対して興味もなく、学習意欲もないのであれば、当然ながら利用した後で挫折は免れないでしょう。

また、プログラミングの学習には向いている人と向いていない人が存在します。プログラミングの学習に向いている人は、論理的思考能力を持っていたり、忍耐力があったりする人などが挙げられます。このような素質を持っていない人も、入学した後でつらい現実が待っていることでしょう。

自身がプログラミング学習に向いているかどうか分からなければ、一度説明会や無料体験に参加してみるのが良いでしょう。説明会、無料体験を通して、再度自分にはプログラミングの学習に適正であるかどうか判断するのも遅くありません。

また、GEEK JOBは無料なので、万が一途中で退校してもリスクはありません。だからといって、気軽に受けてみようとするのではなく、一度自分に向いているかを考えてから受けるようにしましょう。

卒業後はそのままプログラマーとして転職できる?

先ほども言ったようにGEEK JOBは就職、転職が前提のプログラミングスクールですので、もちろんプログラマーとして転職可能です。

GEEK JOBの転職率は、97.8%と非常に高い数字を出しています。もちろん、この中にはプログラミング未経験者の人や働きながらプログラミング学習した人が混ざっているのです。

転職先は非常に多岐にわたり、SESの企業や自社開発の企業、受託開発の企業などさまざまです。

また、働きながらプログラミングを学習したという点は、効率的に作業できるということから、企業から評価を受けやすいので、転職に確実につながることでしょう。


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/moto715/engineer-natta.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/moto715/engineer-natta.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/moto715/engineer-natta.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 35